HOME
商品情報フレーム
商品情報サングラス
商品情報レンズ
フレームの知識
レンズの知識
メガネの取扱い方
メガネの修理
メガネの選び方
眼の知識
幼児とメガネ
老眼鏡
ロービジョン
光学器(ルーペ)
補聴器
リンク


■ 幼児とメガネ 《初めてのメガネ》

子供に良いメガネをかけてもらいたい。

        
 初めてのメガネ

入園前の小さい子供さんや保育園・幼稚園などへ通園されている園児をお持ちの御両親は、子供がメガネをしなければいけなくなった時、よくこんな風にいわれます。『こんなに小さいうちからメガネをかけて将来どうなるんだろう。』

御両親の心配はごもっともですが、ある意味では子供さんの眼の屈折異常に気付いてあげて大変良かったと思います。 御家庭での様子から気付く場合や子供さんの眼の位置を見て気付く場合、3歳児検診を受けてわかる場合いろいろあります。

大事なのは、気付いた時点ですぐにお近くの眼科で診てもらうことです。というのは強い遠視、近視、乱視などがある場合、ピントの合った像を見ていないということになります。このまま矯正しない状態で放っておくと、小さい子供さんの眼(視力)の発育に悪い影響を及ぼします。


前へ← INDEX →次へ